地盤工学会中国支部

〒730-0011
広島市中区基町10-3広島県自治会館3F
TEL:082-962-5557
FAX:082-962-5557

「地盤と建設」論文賞
「地盤と建設」論文賞
論文報告集「地盤と建設」の投稿区分「論文報告」に掲載された論文を対象とし、地盤工学に関する学術の進展に顕著な貢献をしたと認められる論文の著者に授与する。

「地盤と建設」論文賞

年度
受賞論文
受賞者
H28地震時に地滑りを起こす層理面の静的および動的リングせん断特性鈴木素之、井上優朋、Nguyen Van HAI(山口大学)
H27メタンハイドレートを含む砂の力学特性に及ぼす細粒分の影響中島晃司、兵動正幸、吉本憲正、中田幸男(山口大学)
H26混合初期におけるセメント固化処理土の強度発現特性に関する実験的研究脇岡宏行、姜 庚吾、土田 孝(広島大学)
H25
2011年東北地方太平洋沖地震における宮城県井土浦での強振動および地盤沈下量の推定
秦 吉弥、常田賢一、谷本隆介(大阪大学)
H24該当なし 
H23浅層帯水層への気体注入及びその移動現象に関する研究小松 満(岡山大学)、
藤田知大(清水建設株式会社)、
榊 利博 (コロラド鉱山大学)
H22平成217月中国・九州北部豪雨における防府地域の斜面崩壊形状とその特徴阪口和之(アジア航測㈱)
H21
港湾施設基礎の薬液浸透注入による耐震強化に関する模型実験
千田尚史、土田孝(広島大学)、西田芳浩(中電技術コンサルタント㈱)、鬼童孝(九州地方整備局)、鶴ヶ崎和博(東洋建設㈱)
H20
案件なし
 
H19
深海底地盤を模擬したガスハイドレート堆積砂の三軸圧縮特性
米田 純、兵動正幸、中田幸男、吉本憲正(山口大学)、海老沼孝郎(産業技術総合研究所)
真空圧密工法で改良された浚渫埋立地盤の変形とその解析
水野健太、土田 孝(広島大学)、新舎 博(五洋建設㈱)
H18
苫田鞍部ダム(CFRD)の浸透/漏水と外部変形に関する安全管理
山口嘉一、小堀俊秀(独)土木研究所)、本多卓志、吉持淳栄(中国地方整備局)


「地盤と建設」論文奨励賞

論文報告集「地盤と建設」の投稿区分「論文報告」に掲載された論文を対象とし、上記の「地盤と建設」論文賞の受賞者以外で、地盤工学に関する学術の進展に顕著な貢献をしたと認められる若手の論文著者(第一著者が論文募集締切時に35歳以下の者)に授与する。

「地盤と建設」論文奨励賞
受賞案件なし
「地盤工学セミナー」報告賞
「地盤工学セミナー」報告会におけるポスター発表の中から特に優秀とみなされるものを対象とし、発表者に授与する。ただし、セミナー報告の内容のポスター 発表も対象とする。

「地盤工学セミナー」報告賞


年度
受賞タイトル
受賞者

H28
 
LPを用いた微地形の効果的な表現方法平松浩三,伊達裕樹,今西将文(㈱ウエスコ)
航空レーザー測量成果と現地状況の比較濱田展寿,平川 武,宮下征志,井上 真,藤原身江子(㈱ウエスコ)
無線GPSセンサとNEXCO無線LANを活用した斜面災害検知技術の検討濱沖俊史,村上豊和(西日本高速道路㈱),櫻谷慶治(大阪大学),中本昌希(西日本高速道路エンジニアリング中国㈱)


H27


 
2014年8月広島豪雨災害におけるリニアメントに着目した土石流発生メカニズムの推定 濱沖俊史,中本昌希(西日本高速道路エンジニアリング中国㈱), 中田幸男(山口大学)
津波堆積物調査における簡易サンプリング方法藤村 尚(山陰津波堆積物調査研究会),伊達裕樹(㈱ウエスコ鳥取支社),舞立剛志(㈱アサヒコンサルタント),伊藤 徹(サンイン技術コンサルタント㈱)
広島市安佐南区および安佐北区の土石流発生頻度鈴木素之,楮原京子(山口大学),松木宏彰,小笠原洋,松原輝明(復建調査設計㈱),阪口和之(アジア航測㈱)

H26
固定レーザーを用いた海蝕洞の調査事例
~山陰海岸ジオパーク最大級の洞窟「龍神洞」~
西岡克知圭,伊達裕樹,今西将文,川崎 大
(㈱ウエスコ鳥取支社)
メタンハイドレート胚胎砂の力学特性の解明西村 顕,田平一平,兵動正幸,吉本憲正,
中田幸男(山口大学大学院)
航空レーザー測量による三次元地形データを活用した斜面崩壊リスクの抽出安藤秀一,岡﨑皓介,濱田展寿,平川 武
(㈱ウエスコ)
H25目で見て手で触って知る度圧模型実験藤井俊逸、齊藤龍太、田邑卓也、平 宜起
(㈱藤井基礎設計事務所)
固定レーザーを用いた岩盤調査事例田山良一、井上 真、津村拓美、福井和彦
(㈱ウエスコ)
H24
模型実験で有効応力を実感しよう!
藤井俊逸、齊藤龍太
(㈱藤井基礎設計事務所)
標準貫入試験結果と地質特性の特異性
居石和昭(山口大学大学院)、
下野宗彦(NEXCOエンジニアリング中国㈱)、
中田幸男(山口大学大学院)
H23
すべり面形状と土塊移動の関係をイメージする模型実験
藤井俊逸、藤井 勇、齊藤龍太
㈱藤井基礎設計事務所)
GPS等計測センサによるのり面動態観測で捉えた切土のり面崩壊メカニズムの一考察について
濱沖俊史、村上豊和、下野宗彦
NEXCOエンジニアリング中国㈱)
H22
土のうの力学的効果の模型実験
藤井俊逸、齋藤龍太
(㈱藤井基礎設計事務所)
粒子法を用いた斜面崩壊到達距離の推定の試み
川口将季、小村尚史、加納誠二、
陸田秀実(広島大学)
H21
実用的な不飽和土の三軸圧縮試験装置の開発
川﨑元(㈱大本組)
GPサンプリング~水溶性ポリマーの濃厚溶液による乱さない試料の採取方法
久賀真一、長谷川勝喜、赤坂幸洋
(基礎地盤コンサルタンツ㈱)
間隙水圧測定を伴う動的貫入試験装置
(PDC)による堤防耐震調査事例
澤田俊一、上熊秀保(応用地質㈱)
H20
バイオグラウトによる地盤改良に関する基礎的研究
清田佳奈、村上 章(岡山大学)
繰返し水圧変動場における砂層表面からの細粒分の流出に関する研究
松井章弘、土田 孝(広島大学)、
浅海綾一 (清水建設㈱)
送水トンネル崩落事故にともなう事故原因究明と送水トンネル維持管理
來山尚義(復建調査設計㈱)、
広島県企業局
大阪層群の土の骨格構造と間隙率に関する一考察
磯野陽子(エイトコンサルタント㈱)
H19
模型を使った土の力学(一般の人にも知ってもらおう!)
藤井俊逸、石倉敏幸
(㈱藤井基礎設計事務所)
画像解析による地盤の飽和度測定法の開発とその適用
吉本憲正、オレンセ ロランド、兵動正幸
(山口大学)
H18
光ファイバによる河川堤防内間隙水圧等のモニタリングに関する研究
西垣 誠、小松 満、春名充明(岡山大学)、
武分信一(NTTインフラネット㈱)、
浦上将人(中国地方整備局)
技術賞
技術賞は、中国地方で活用された技術あるいは実施された事業のうち、地盤工学的観点から技術的に高度なものを対象とし、原則として団体に授与する。

技術賞
<H19年度より>  
年度
受賞論文
受賞者
H28再生地盤材料による底質環境改善技術の福山内港における適用と効果の実証

広島県東部建設事務所
福山市役所経済環境局環境部
国土交通省中国地方整備局 広島港湾・空港整備事務所
復建調査設計株式会社
中国電力株式会社
JFEスチール株式会社
広島大学大学院工学研究科 次世代型港湾整備技術プロジェクト研究センター

H21
広島空港高カテゴリー化整備事業に係る電波高度計用地(大規模人工地盤)の整備
広島県土木局空港港湾部
大阪航空局広島空港事務所
中国地方整備局広島港湾空港技術調査事務所
中国地方整備局広島港湾・空港整備事務所
H20
メリケンムグラを用いたダム湛水池内の環境保全のための緑化工法開発
湛水面緑化研究会
山口大学工学部社会建設工学科山本研究室
九州産業大学工学部内田研究室 
H19
送水トンネル崩落事故にともなう事故原因究明と送水トンネル維持管理に関する技術
広島県公営企業部
復建調査設計株式会社
新帝釈川発電所圧力導水路トンネル
中国電力株式会社
一級河川千代川河川災害復旧工事(16年災37号)(市瀬河川トンネル工)
鳥取県・鳥取県市瀬地区土砂崩落調査委員会
㈱熊谷組・山陰建設㈱特定建設工事共同企業体
㈱建設技術研究所
募集要領
平成29年度地盤工学会中国支部技術賞の公募および推薦について

  平成29年度地盤工学会中国支部技術賞の候補業績を下記の要領によって公募致します.下記募集要領をご参照の上,候補となる事業がもれることのないように,ご応募またはご推薦方お願い致します.なお,推薦は地盤工学会中国支部の各地域幹事を通じてご推薦いただきますようお願い申し上げます.

-地盤工学会中国支部技術賞候補募集要領-

  中国地方で活用された技術あるいは実施された地盤工学にかかわる事業のうち,技術的に高度なものを対象として表彰します.なお,受賞は原則として団体とします.
  • 表彰対象 : 平成27年(2015年)1月1日から平成29年(2017年)12月31日までに中国地方で活用あるいは実施された事業
  • 推薦(応募)の方法 : 会員自らの応募(自己推薦)もしくは地域幹事による推薦
  • 審査 : 審査は中国支部表彰委員会において,審査細則に基づき実施
  • 発表 : 受賞者および推薦者に,平成27年3月末をめどに通知する予定
  • 表彰 : 平成30年度中国支部総会において行い,受賞者に賞状,記念品を贈呈
  • 推薦締切日 : 平成30年1月5日 (金) (郵送の場合は当日の消印有効)
  • 提出書類 : ①推薦書 7部(別紙様式) 別紙様式(DL),②その他の説明資料(様式なし) 7部
※その他の説明資料についての形式は問いません.ただし,技術の内容を説明したパンフレット等だけでなく,技術の新規性,有用性,信頼性,完成度が評価できる資料で対外的に公表されているもの(学会の論文あるいは講演梗概など.投稿中の論文・報告でも査読が終了し掲載が決定していれば公表とみなす.)があれば添付してください.
技術賞推薦(応募)書 ( 29 KB / 2010/04/21 17:45 )